Chiba Institute of Technology, Dept. of Architecture & Civil Engineering, Steel & Aluminum Structure Laboratory

千葉工業大学 工学部 建築都市環境学科 山田研究室

専門分野:
 「建築における鉄骨構造およびアルミニウム構造」

研究室の課題:
 「鉄骨構造およびアルミニウム構造の構造部材・接合部の力学性能を明らかにする。」
 - 設計・施工規準化、安全かつ合理的な構造設計・製作施工を目指して -

研究室メンバー:
 教授 山田丈富 :博士(工学)、博士研究指導教員、一級建築士
 修士2年生  0名
 修士1年生  0名
 4年生     10名

2017年度ゼミナール1(4年生ゼミ):
 有限要素法について
 データ入力練習(FPP,FRM)

2017年度研究テーマ(予定):
 1)鋼構造ボルト接合におけるフィラープレートの影響に関する研究
 2) 部分溶込み継手の力学挙動・破壊挙動に関する研究
 3) その他

過去5年著書・論文:
 1) 初めて学ぶ 鉄骨構造 基礎知識(第三版),平成28年12月,共著,市ヶ谷出版社
 2) アルミニウム建築構造製作要領 平成28年6月,共著, アルミニウム建築構造協議会
 3) アルミニウム建築構造設計規準・同解説 平成28年3月,共著, アルミニウム建築構造協議会
 4) 建築構造用鋼材の機械的性質・化学成分のデータベース, 2015年11月25日版
 5) 高強度鋼材の材料特性と溶接材料,平成26年 9月,日本建築学会大会構造部門パネルディス カッション資料,3-7 頁,日本建築学会
 6) 構造用鋼材特性の現況,単著,平成26年 4月,2014国際ウェルディ ングショー、鉄骨加 工フォーラム26-34頁 ,日本溶接協会、産報出版
 7) 建築構造用鋼材特性の現況 とその活用,平成25年 9月,日本建築学会大会構造部門パネルディス カッション資料,1-17 頁,日本建築学会
 8) 初めて学ぶ 建築構造力学,共著,平成25年 2月,市ヶ谷出版社
 9) Japanese Architectural Standard Specification JASS 6 [2007] Structural Steelwork Specification for Building Construction,共著,平成24年10月,Architectural Institute of Japan
 10) 梁端溶接接合部の破壊特性に関する一連の研究,単著,平成24年 4月,2012国際ウェルディ ングショー、鉄骨加工フォーラム2-11頁 ,日本溶接協会、産報出版
 11) 鉄骨梁端拡幅工法の力学的 特性に関する研究,共著,平成23年 2月,日本建築学会構造系論文集76(660),日本 建築学会

過去5年講演論文:
 1) フィラープレートを用いたボルト接合部の力学挙動に関する実験的研究,平成28年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集
 2) アルミニウム建築構造の素材および各種継手の高サイクル疲労実験,平成28年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集
 3) 残留応力を有する柱梁溶接接合部の破壊に関する解析的研究,平成28年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集
 4) 残留応力を有する柱梁溶接接合部の載荷時の挙動に関する解析的研究(その2),平成27年 9月,日本建築学会大会学 術講演梗概集
 5) アルミニウム建築構造における溶融亜鉛めっきF8T M12高力ボルト摩擦接合に関する研究,平成27年 9月,日本建築学会大会学 術講演梗概集
 6) 三次元有限要素法解析を用いた柱梁混用接合の梁端溶接による残留応力に関する研究(その4) 梁ウェブ板厚及び高力ボルトの影響,平成26年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集A-1
 7) アルミニウム建築構造の高力ボルト摩擦接合部のすべり係数に対する被接合材の陽極酸化皮膜の影響,平成26年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集C-1
 8) 建築鉄骨構造物の柱梁溶接 接合部の破壊解析法,単独,平成25年 9月,千葉エリア産学官連 携オープンフォーラ ム(千葉大学)
 9) 鋼材の機械的性質と化学成 分についての統計調査(その2),共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集(北海道)
 10) 構造の素材引張試験結果による機械的性質の統計調査,共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集(北海道)
 11) 接着剤により鉄骨ブレースを取り付ける無溶接工法に 関する基礎的研究 その2  一面せん断試験,共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集(北海 道)
 12) 接着剤により鉄骨ブレースを取り付ける無溶接工法に関する基礎的研究 その1  二面せん断試験,共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集(北海 道)
 13) 三次元有限要素法解析を用いた柱梁混用接合の梁端溶 接による残留応力に関する 研究 (その3)スカラッ プ形状を変数とした解析的 調査,共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海 道)
 14) アルミ材とモルタルを接合 するアルミスタッドボルトの力学的居層に関する研究,共同,平成25年 8月,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海 道)
 15) 鋼材の素材引張試験結果による機械的性質の統計調査,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学術講演梗概集C-1
 16) 鋼材の機械的性質と化学成 分についての統計調査,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学術講演梗概集C-1
 17) 形状の異なる固形エンドタブを用いた突き合わせ溶接継手の引張試験 その1 実 験計画概要、その2 実験結果及び考察,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学 術講演梗概集A-1
 18) 三次元有限要素法解析を用いた柱梁混用接合の梁端溶接による残留応力に関する研究(その2) フランジ板厚・板幅を変数とした検討,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学術講演梗概集A-1
 19) ブラケット梁フランジ溶接収縮に対するウェブ拘束効 果に関する研究 続) 残留応力を有する柱梁接合部の載荷時の挙動,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学術講演梗概集A-1
 20) アルミニウム合金構造へのF10T高力ボルトの適用に関する研究(その2),共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学 術講演梗概集C-1
 21) 25度狭開先適用した冷間成 形角形鋼管―通しダイアフ ラム溶接接合部の実大3 点 曲げ破壊実験(試験体および実験概要) 鉄骨造建築物の安全性向上に資する新 自動溶接技術の開発 その 17、その18,共同,平成24年 9月,日本建築学会大会学 術講演梗概集A-1
 22) ブラケット梁フランジ溶接収縮に対するウェブ拘束効果に関する研究,共同,平成23年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集A-1
 23) アルミニウム合金構造柱梁接合部の力学的性能に関する実験,共同,平成23年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集C-1
 24) アルミニウム合金構造への F10T高力ボルトの適用に関する研究,共同,平成23年 8月,日本建築学会大会学 術講演梗概集C-1


Copyright © 2000-2014 Yamada Lab. All Rights Reserved.